純国産とKK

a0030217_11362228.jpg

クリネックススタジアム宮城。
中学に進学した息子と、今シーズン初の楽天の試合を観戦。
すっかり暖かくなって、絶好の野球観戦日和。

試合のほうは、今期3戦未勝利のエース岩隈が先発。
調子はあまりよさそうではありませんでしたが、淡々と中盤までノーヒットに抑えていました。
打線は不振の外国人を外した「純国産打線」がコツコツ加点し、6-1で勝利!!
見ていて安心できる試合内容でしたが、それは8回の辛島と9回の川岸のお陰ではないでしょうか。
19歳の2年目左腕の辛島の思い切ったピッチング。
トライアウトから這い上がった不屈の精神を持つ川岸の気合。
この「KKコンビ」が試合の終盤を締めることができれば、これからのイーグルスは期待できるでしょう。

そんな中、この日一番笑えたのは、岩隈の交代を察したスタンドで、次のピッチャーは誰だ?という空気の中で大きな身体がベンチからマウンド方面に出てきたのを見て
「小山だ」「小山か~、大丈夫か?」
などの声があちこちで聞こえました。
ところがマウンドを越えてファーストに行ってしまったところで、皆気づく
「中村ノリだっちゃ~(笑」

遠目からとはいえ、思い込みはよくないね!

さあ、明日は田中の先発。連勝を!

一方ベガルタも清水との好調同士の一戦、勝利を!

石川遼はマスターズで最後のパットが決まらず、予戦通過ならず。残念。
一打届かず、インタビューで涙。
この悔しさを乗り越えて頑張れ!

お願いします。→人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2010-04-10 23:59 | 榴岡、宮城野  

<< くだものはいたがき 北京にて >>