廃墟を発見

青葉区八幡丁6丁目。
八幡と言っても大崎八幡宮をはるかに超え、イメージ的には葛岡の手前ってところ。

カーナビでふと48号線を外れたところに温泉マークを発見!!

旧道に逸れ本國寺の奥に進んでみる。
a0030217_2258464.jpg

竹林の横の細い坂道を登っていくと、高台に旅館の廃墟が見えてきました。
レジャーシートのような屋根が昭和っぽいです。

a0030217_2259232.jpg

旅館の敷地にかかる橋には
  「配達人以外立ち入り禁ず  地主」
との立て看板。
なんだか怖い・・・
しかも、配達人は入っていいんだ!?
廃墟に何を配達するのだろう・・・

a0030217_22591892.jpg

この橋の下には川が流れています。
これは広瀬川に注ぐ「聖沢川」というらしいです。
仙台小さな川紀行さんのHPでわかりました。
この廃墟も「何だろう?」とネットで調べても、全く分からなかったのですが、こちらのHPで「三滝温泉」と書かれていたのでようやく正体がわかりました。

でも、いつごろまで営業していたのでしょうか。
ご存知の方、教えてください!

よろしくお願いします。→人気blogランキングへ


by sendai-saiwai | 2010-12-06 23:17 | 青葉区  

<< 忘年会シーズン ベガルタ仙台、残留 >>