仙台国際ハーフマラソン

生まれ変わった、杜の都の風薫る初夏のスポーツイベント「第22回仙台国際ハーフマラソン大会」(愛称・杜の都ハーフ」が本日開催されました。
私もひっそりと初参加。
テンパっていましたので、レース前後やレース中の写真は無しです。(恥)

この1週間は自己管理に失敗しましたので、定禅寺通り7.7kmでの「足切り」(タイムオーバーで走行不可)までの到達が第一目標でした。

練習でも1度も21kmを走った経験もなく、昨夜の寝不足と腹痛で不安の中のスタートライン。
合計1万人が参加した大会なので、スタート時間に並んだところからゆっくり進んでも、本当のスタートラインまではかなり距離があるため時間がかかり、「足切り時刻」が心配な僕はハラハラ。
結局スタートの号砲から3分以上経て、スタートラインを通過できました。

流れに身を任せることが精いっぱい、ゆっくりペースで進みました。
沿道に出て応援してくださった市民の皆さんの温かい声で、本当に頑張れました。
これは実際に走ってみないとわかりませんね。
次からマラソンや駅伝などを応援する機会があれば、しっかり声を出して応援しようと思いました!

目標の7.7kmをクリアし、行けるところまで頑張ろうと思いましたが「リタイヤしちゃおうかな」と何度も悪魔が囁いてきます。
しかし沿道の声援と給水の度に息を吹き返し、なんとか17kmまで来ることができました。
その17kmの給水ポイントで足を止めて水を飲んだら、不思議なことにパタッと走れなくなってしまい、そこからは歩きながらゴールを目指すことに。
歩いては、少し走り、また歩きの繰り返し。
なんとか制限時間内にゴールすることができました。

予想外の完走で、本人もびっくりです。タイムは問題外ですが、満足感は得られました。

そしてフィニッシュした後の記念のタオル。
a0030217_1725315.jpg

クシャクシャですが、一応写真を。

そうそう、Qちゃんカワイかったです。

よかったら、お願いいたします→人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2012-05-13 17:04 | その他  

<< 本屋さん ヨドバシカメラ >>