仙台商工会議所と渋沢栄一

a0030217_203249100.jpg

昨日の写真の向かい側、青葉区本町の仙台商工会議所。(HP)
この仙台商工会議所は、明治24年に創立されたそうです。

ちなみに日本で最初の商工会議所は、明治11年東京商工会議所(HP)で、現在全国には524の商工会議所があるようです。
個人的な感想としては、仙台と東京の商工会議所のHPを比べると、ちょっと差が大きいかなって感じです。

ここで、またまた気になったのが東京商工会議所の初代会頭、渋沢栄一の名前。
第一国立銀行(後の第一勧銀)、日本鉄道会社、サッポロビール、日本郵船、王子製紙、帝国ホテル、東京電力など数え切れないほどの会社の設立に関わった「実業界の父」です。(渋沢栄一記念財団・年譜より)

明治時代を描いた本や史料には、必ずといってよいほど彼の名前が出てきます。
凄い男がいたもんだ。
で、さらに気になるのが、前出の年譜の中にある
     1863(文久3年)23歳で高崎城乗っ取り、横浜焼き討ちを
     企てるが、計画を中止し京都に出奔。
農家の倅が何故?そんな大それた事をと思ったら、時代は「尊王攘夷」だったんですね。
時代が違えば、彼は頭角を現さなかったのか、違うことで有名になっていたのか。

by sendai-saiwai | 2005-05-17 21:13 | 中央・本町・花京院  

<< 警察マスコット、ピーポー君を超えろ! シスアドとマンション理事会 >>