決勝の晴れ舞台

海の日。
波乱続きだった夏の宮城県大会も、いよいよクライマックス!
昨日までの雨もすっかり止み、夏空の下での決勝戦。
こうでなくっちゃ。
a0030217_16202922.jpg

ほぼ半世紀ぶりの決勝進出という伝統校の佐沼高校と、スポーツ科を持ち県内の公立高をリードしてきたものの、夏の大会で過去4回決勝で涙をのんでいる利府高校の対戦。

いい試合でした。
接戦ながらも常に利府が先手をとり、主導権を渡さない試合巧者ぶりをみせてくれました。
投手も、ためらわず4人の継投。
佐沼よりも選手層が厚いところを見せての勝利はおみごと。

a0030217_16201067.jpg


私は中立の立場で観戦してましたが、一塁側の佐沼高校の応援が素晴らしく、甲子園での新湊高校を思い出しました。
ストライク、アウトを取るごとに高校生だけでなく、地元から駆けつけた人たちの大声援。

育英、東北が敗れて悲観的な声もありましたが、このような地域ぐるみの応援があるチームが決勝の舞台に立って良かったと思います。

a0030217_16381908.jpg


試合は最終回まで、手に汗を握る展開。
観客も一球ごとに声援、拍手。

両チームともお疲れさまでした!
利府高校は、甲子園で頑張ってください。
佐沼高校は胸を張って帰ってください。

よろしくお願いします。→人気blogランキング

by sendai-saiwai | 2014-07-21 16:16 | 榴岡、宮城野  

<< 新横浜 水たまり >>