子供が生まれたら100万円

子供が生まれたら100万円!(読売新聞)
住宅メーカの大和ハウス工業(HP)が子育て支援策を導入。
凄いね、100万円って。
もちろん子育てには100万円どころじゃない金と手間がかかるんだけれども、もらえたら単純に嬉しいかも。
育児休暇制度や公共や企業内での保育施設の充実といった環境整備も大事ですが、こういった現実(金)的な支援策、案外効果があったりして。
少子化問題は騒がれている割に、該当する子供を生む世代にとっては「自分のこと」じゃない「他人事」なんじゃないかな。自分の生活スタイルを変えたくない(お金、時間など)から、子供はそんなに要らないなんて感じでしょう。
一人っ子政策の中国では、裕福な親の下で自分がもらった月給をその月のうちに使い切ってしまう「月光族」が多くなってるらしい。
日本にもいるよね。こういうのが少子化で増えてくるのか?
そうすると、社会保障制度は崩壊するけど、経済は消費拡大で潤うのかな。
んー、わからない。オシエテ、エロイヒト。

さあ、他に続く企業が出てくるのか。


a0030217_6233117.jpg

下半期のスタートはいかにも梅雨らしい雨空。
ということで?写真も底を尽いてしまいました。
この前の日曜日の丸森町です。

うちの会社もせめて扶養手当UPしろ~て方は→人気blogランキング

by sendai-saiwai | 2005-07-01 23:59 | その他  

<< トレーラーハウス初体験 大衆食堂と地震だー(誤報) >>