福島県の県庁所在地は郡山ではない

a0030217_21292893.jpg

須賀川、郡山、福島と2泊3日の出張から帰ってきました。
写真は福島駅前。

福島県は各都市圏(福島、会津、郡山、いわき等)が、対等な感じがして、しかもそれぞれが自己主張しているようで面白く感じました。
というのも、宮城県は仙台中心の色が強すぎて、他の地方は観光で取り上げられるしかなく、何でも仙台一極集中って感じがします。
全国的に見て、福島タイプと仙台タイプどっちが多いんだろう?
青森県は青森・弘前・八戸が個性強くて福島タイプかな。
岩手県も盛岡の求心力は弱いので福島タイプでしょ。山形も庄内・置賜・村山に分散してるので福島タイプ・・・
あれっ、宮城みたいなのって、無いんじゃない。
沖縄とか鹿児島あたり?西日本はよくわかんないや。

福島駅前(特に南側)は、古い建物が多く、夜は寂しい街並みでした。
これが県庁所在地?と思いました。
でも、古い蔵などが中心部に残っているのは羨ましい環境です。

そういえば、須賀川から郡山への4号線沿いに「郡山へ県庁移転を!」という立て看板がありました。(写真には撮れませんでしたが)
どうなんでしょうか?

by sendai-saiwai | 2005-08-25 22:01 | その他  

<< 山の中の看板 ランドリーとランジェリーとジュエリー >>