仙台の再開発3題

a0030217_2034646.jpg

藤崎隣の森天祐堂さん。
河北新報コルネットの今日のニュースによると、年明けにも営業を終えると伝えていました。
    仙台の青葉通・東一番丁角で長年営業してきた額縁店「森天祐堂」が、
    年明けにも営業を終えることになった。地主が新たなビルを建てること
    になり、建物は2月末までに解体される。
    仙台の街から「昭和」の原風景がまた一つ姿を消す。(記事より)

ここも、もう見納めなんですね。

さらに今日は、東仙台のJT工場跡地に、2007年度以降イトーヨーカ堂が進出というニュースも河北新報に。
大型SCになるようで、現在の東仙台(旧JT)球場も取り壊されてしまうようです。
正直、商業施設はイオン、セラビで十分だと思っていたので、このニュースを聞いて残念に思います。共倒れにならないことを祈りましょう。
しかし、この辺りの渋滞は確実にひどくなりそうですね。

もうひとつ、JR仙山線に新駅設置(asahi.com)というニュースもありました。
北山駅と国見駅の間に東北福祉大からの要請を受けた新駅が設置される計画で、総工費約10億円は福祉大が全額負担するようです。
もうかってますね。

街は生き物だって方は→人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2005-11-29 20:26 | 二日町・一番町  

<< 横から丸見え ざうおでの鯛釣り >>