無敗の三冠馬、散る(ディープインパクト焼き)

a0030217_18355670.jpg

馬場には雪が積もっている、福島競馬場です。
「グランプリ」こと有馬記念が今年で第50回のメモリアルだとか。
かつての競馬フリークとしては、行かないわけにはいかないでしょう。

初めて競馬をTVで観たのが、シンボリルドルフが無傷の8連勝で無敗の三冠馬となり、(その後、中一週で挑んだジャパンカップでは3着と敗れましたが)、前年の三冠馬ミスターシービー、そしてジャパンカップで逃げ切ったカツラギエースとの3強で盛り上がった1984年の有馬記念でした。結果は完全無欠の「皇帝」が貫禄のレコード勝ち。(JRA50周年サイト)

それ以来という無敗の三冠馬が誕生した今年。
しかもシンボリルドルフが敗れたジャパンカップを避け、このグランプリに照準を合わせてきたのだから、穴党の私でも「ディープインパクト」から買いに行くのは当然のなりゆき。
相手は「前年」菊花賞馬のデルタブルース。
私はこの数年はベガルタのおかげで競馬を卒業してたので、この馬が「前年」の菊花賞馬とは知らなかったのです。競馬新聞の馬柱を見て「今年の」菊花賞馬と勘違いしてました。
それを知ったのは、レース終了後でした。(涙)

そんな私事の嘆きはともかく、無敗の三冠馬は先のJCで世界最速を争ったハーツクライに敗れてしまったのでした。(結果はこちら)

復習してみると、やっぱり「それもアリだよな~」という結果でした。
 
まあ、年に一度のイベントだから勝敗はこだわるな!ってことですかね。

a0030217_1971181.jpg

↑ ディープインパクト焼きって・・・

年末はいつもこうだって方は→人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2005-12-25 19:09 | その他  

<< 高架下のツララと寿人おめでとう! XaviX ボクシング >>