風邪とWBC

a0030217_18542366.jpg

ホテルリッチフィールド青葉通り(HP)
昨年10月に、東京第一ホテル仙台(この名前も何だかなあ)からリッチフィールドになったようです。

昨日の昼休みに、花粉症の疑いで耳鼻科に行ったら、アレルギーテストをやっても反応が無し。今まで10年近くも、勝手に花粉症と自己判定していました・・・
一応、鼻汁を止める薬などをもらったりして帰ってきたんですが、夕方にかけて倦怠感がひどくなり、家に帰る頃には熱が高くなってきました。
寒気がひどく、すぐ布団に入って一晩中苦しんでいました。
体温計で39℃。インフルエンザか!?
今朝になって、少しは熱が下がったものの休暇をとって病院へ。
インフルエンザの検査で、細い綿棒で喉と鼻をグリグリされてオエーッてなりながらも、結果は陰性。また、聴診で雑音がすると言うので、一応レントゲンも撮りましたが、問題なし。
結局、点滴をうってもらい帰ってきました。

帰宅するとWBCの2次予選最終戦をTVでやっており、薬による眠気と戦いながらの観戦。
準決勝進出をかけた戦いの日本対韓国は、1-2で韓国の勝ち。
日本投手陣はいいのだけれど、打てないな~という感想。クリーンアップが相手にとって怖くないって感じですかね。1,2番とか下位打線の脇役タイプは揃ってそうなんですがね。
この結果、日本代表の準決勝進出は、事実上なくなっただろう。


それにしても試合終了後、自国の国旗をマウンドに突き刺すというのは「お国柄」なんだろうか?


人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2006-03-16 19:38 | 中央・本町・花京院  

<< 東北3大遊園地とは? ザ・テラスと花粉症 >>