ミュージアム巡り

a0030217_1844342.jpg

長町南の「地底の森ミュージアム」(HP)へ行ってきました。
ここには、2万年前の旧石器時代の遺跡が発掘されたままの状態で公開されている、珍しいというか「世界でひとつだけ」の博物館です。
地下10mの入り口から湿度の高い館内に入ると、樹木やたき火の跡が残されている円形の広場へ出ます。通路より下を覗きながら見学するんですが、なかなか神秘的な雰囲気。
映像の上映、展示を経て出口方面へ進むと、「石器を使ってみよう」という体験イベントをやっていました。石器を使って紙に書かれた△や☆、ピカチューなどの図柄を切り取っていきます。子供たちが真剣に切り取っていました。
しかしながら、あまりにマニアックな博物館なので、子供たちの「えー、これで終わり?」の声に押され、近くの「仙台市電保存館」(HP)へ。
a0030217_1853246.jpg

仙台市電が3台保存されており、乗車することも可能。しかも無料。
子供たちは運転席で遊び、私は電車の横に飾っていた「昔の仙台市街の地図」にのめりこんでいました。
モータリゼーションの波に飲まれ、消えてしまった仙台市電ですが「環境問題」への対策が重要な現代こそ必要な乗り物だったのかな、と思わせます。
今もあったら仕事での外回り、便利だな~と考えながら路線図を眺めました。

人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2007-02-18 19:02 | 太白区  

<< 検索ワード サンマルク >>