狐の嫁入り

a0030217_20183690.jpg

宮町の「家具の田丸」の裏側、100円駐車場。
晴れているのにポツポツ雨が降る、ちょっと風が冷たい天気。
「狐の嫁入り」という感じ。

昨日のJリーグ1部2部入れ替え戦で、京都の昇格と広島の降格が決まった。
0-0ながら意地がぶつかり合った熱い試合だと感じた。
でも、試合終了後の広島の選手が映し出された時、「すべて出し切った」という感じがしなかった気がする。確かに悲壮な、申し訳ない顔をしているが、「やりきった」ものではなかった。
日本代表も抱えるように各選手の粒は揃っているんだけれど・・・・
そこが足りないということなのか?

何か考えさせられる事でした。

来年は、まだ各チーム選手が見えてこないが、その広島と後半復調したC大阪を中心にJ2リーグ戦が動くような気がする。
外人不在の仙台が昇格できるような甘いものでは無いことは、素人の俺でも分かるのに、仙台フロントは楽勝だと思っているのか?

狐に化かされているのか?→人気blogランキングへ

by sendai-saiwai | 2007-12-09 20:41 | 宮町・小松島  

<< 仙台光のページェント ホームのはずれとネーミングライツ >>