カテゴリ:南光台・黒松・旭ヶ丘( 55 )

南光台交番

a0030217_22184033.gif

泉警察署南光台交番。

南光台のメインストリート四条通りにあり、地域住民の安全を守ってくれた交番とお巡りさん。

向かい側には太陽軒。隣は七十七銀行。


おそらく1970年代からこの場所にあったと思います。

私が小学生の頃、落し物を拾って届けたりしてました。

それにしても、子供の頃ってお金を結構拾ってたなぁ。子供だからゆっくり歩いたり、地面を見てたんですかね?それともそういう時代だったのかな?財布を使わない人が多いとか。(乱暴な推測)


南光台交番は昨年9月から建て替えのため、一時移転という事です。

a0030217_22204836.gif

この佇まいは、工事が始まれば見納めです。



よろしくお願いします。→
人気blogランキング

by sendai-saiwai | 2019-01-08 05:30 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(0)

広島風お好み焼き

a0030217_21382700.jpg
今夜は、高校時代の仲間と旭ヶ丘のお好み焼きやさんに行ってきました。
「たかちゃん」という広島風お好み焼きのお店。
ハンバーグの「ふらいぱん」の近くです。

駐車場はお店の北側の少し行ったところ、旭ヶ丘診療所の奥の駐車場9番、11番。
a0030217_21442199.jpg
豚玉@650円を注文。
焼きそばが挟んであり、アツアツの一品。

味は薄めですが、お好みで卓上のおたふくソースやマヨネーズをカスタマイズして自分だけの逸品にします。

広島風のお好み焼きが食べられて幸せ〜。

焼きそばや砂肝などのメニューもあり、アルコールもある嬉しいお店。
私達が食べていると、電話で予約していたテイクアウトのお客さんも何人か来店していて、人気のお店のようです。

よろしくお願いします。→
人気blogランキング





by sendai-saiwai | 2015-03-08 21:37 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(2)

十勝屋

昨日はベガルタが天皇杯で惜敗。
被災地の希望の星となって頑張ってくれたおらがチームに感謝!
元日は国立行く準備してたけど、楽しみは先にとっておきます。

さて、今日の写真は泉区南光台の十勝屋さん。甘納豆が有名なお店です。
a0030217_1804699.jpg

実家の近くなので、私にとっては昔からの馴染みの味です。
が、なかなか私自身が買いに行くことはなかったかな。

今日は、豆大福を購入。
a0030217_1862124.jpg

お餅が自己主張している感じの、しっかりした大福です。
上品な味わいでございます。

こういう住宅地にひっそりとある名店、貴重だな~。






よろしくお願いします。→人気blogランキングへ
by sendai-saiwai | 2011-12-18 18:27 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(0)

マハラジャと粒状アイス

a0030217_5161529.jpg

泉区南光台南、四条通り山形銀行の向かい側にある、マハラジャ仙台(食べログ)。
知人のネパール人が働いているお店なのですが、初めての訪問です。
店内はテーブル席とカウンター席で約20席くらいのこじんまりとしたところですが、訪問した土曜の夜は満席でした。
a0030217_5242072.jpg

セットメニューと単品のメニューがあり、私はほうれん草カレーとナン、ライス、サラダ、ドリンクのセットを注文。
辛さは5段階から選択できます。私は4番をチョイス。結構辛かった~。
そして、運ばれてきて驚くのが、ナンの大きさ!
しかも焼きたては美味しい。
辛めのカレーを注文してもナンの甘さで中和されます。
ボリューム満点でお腹いっぱい。
a0030217_528361.jpg

↑これは、仙台初登場のアイスだそうです。最近メニューに加わりました。
ディッピンドッツ・アイスクリームというらしく、粒状でサラッとした食感が特徴。
辛いモノの後にピッタリ。
このアイスだけを買いに来ていた人もいました。

駐車場はお店の西側斜め向かいにあるので、聞いた方がいいかも。
それと銀行が休みのときは、道路を挟んで北側の山形銀行のPでもOKだそうです。

よろしくお願いします。→人気blogランキングへ


by sendai-saiwai | 2011-10-08 23:59 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(7)

日本ピンチ!

a0030217_23232420.jpg

信号には「虹の丘入口」の文字が見えます。
主要幹線道路である仙台泉線、黒松、虹の丘の境目あたり。
左手にWASSE(ワッセ)、右手にトヨタカローラ、そしてその奥に青と赤の看板が見えますが「コナカ」の文字が以前から消えています。
私もここでスーツを購入したことがあったっけ。

さて、現在サッカー日本代表がウズベキスタンと対戦中。
開始直後に1点先制されてしまった!
まさかの展開・・・・

さてどうなることでしょう!がんばれニッポン。

じゃ、TVに集中するのでこの辺で。。。

よろしくお願いします。→人気blogランキングへ


by sendai-saiwai | 2011-09-06 23:33 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(0)

NODA-YA

南光台の代表的なお店である「NODA-YA(ノダヤ)」さん。
子供の頃、このお店でよくプラモデルを買っていました。
とはいっても、不器用なもので長続きはしませんでしたが・・・

私が今、一番好きなTV番組のひとつである「このへん!!トラベラー」で、だいぶ前にトータルテンボスとオリエンタルラジオがお店を訪問していたのを見て懐かしくなりました。

久しぶりにお店に入ってみると、ガンやフィギアがたくさん。
昔のプラモ屋さんではなく、大人の趣味の店という印象でした。
ファンの間では全国区のお店のようです。

a0030217_6113772.jpg


よろしくお願いします!→人気blogランキングへ


by sendai-saiwai | 2009-11-21 23:59 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(0)

アカデミー賞

a0030217_20264341.jpg

マックスバリュ南光台の斜め向かい、丸丹商店さん。
宝くじの販売もしており、「2億円当たりました」の看板も。

今日のニュースで注目したのは、米アカデミー賞の授賞式があり、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞に輝いたというもの。
滝田監督の作品といえば、昨年末テレビで何とはなしに魅入ってしまった
「壬生義士伝」で感動したばかり。
実はそれ以来、私はTVの映画を可能な限り録画して観るようになっちゃいました。
それまでは、ほとんど映画って観ない人間だったのに。
そういう意味では、私の関心を映画に引き込んでくれた監督です。

これは、山形が舞台だったんですね。

よろしくお願いします。→人気blogランキングへ
by sendai-saiwai | 2009-02-23 20:43 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(2)

懐かしの文房具屋さん

a0030217_202971.jpg

南光台、文具のダンケさん。
近所の文房具屋さん兼、駄菓子屋さん。
小・中学校時代にお世話になりました。
今は多くの自動販売機に囲まれていますが、昔は10円のゲーム等もあったっけ。

向かい側には「さかえや」さんというパン屋さんもありました。

よろしくおねがいします。→人気blogランキングへ
by sendai-saiwai | 2008-10-27 20:33 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(4)

とんかつ大町・南光台店

a0030217_18231582.jpg

とんかつ大町・南光台店。
かつて山下清画伯が「元帥級」と評した、とんかつのお店。
子供の頃から、この場所にあったので、かれこれ30年以上になるのでしょうか?
メニューのTOPには「元帥とんかつ」もありましたが、今回はもう少しお安い「海老フライとひれかつ定食」にしました。
a0030217_18283344.jpg

サクサクとした衣、海老、かつ、キャベツ、味噌汁どれも美味しかったです。
昔は、「とんかつ屋に来たのに、なんでハンバーグ頼むの?」
と言われるくらい、ここのハンバーグを注文していました。

店の雰囲気も含め、懐かしい気がしました。

よろしくお願いします。→人気blogランキングへ
by sendai-saiwai | 2008-07-26 18:33 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback | Comments(2)

マラソン

a0030217_5493241.jpg

黒松にあった不思議な形の公園?スペース?

今日、東京マラソン2008が開催されたそうだ。
市民ランナーを含む約3万人もの走者が、首都・東京の街を駆け抜けたらしい。

実は、私はマラソンに対して憧れを持っている。

かつて、友人のM君が語った言葉がある。
「社会に出たら、自己ベストってないよな、つまんねぇな~。」
なるほど、与えられた仕事の達成や営業成績など、それなりの指標になるものはあるかもしれないが、同じ条件内で他人と競うこと、自分を超えることって確かに無い。

学生時代アーチェリーをやっていた頃、練習で毎回自己ベストに向かっていっては、挫ける事の繰り返しだった。
野球の投手なら、まず27個の三振を目指し、それが駄目ならパーフェクト。四球を出したらノーヒットノーラン。次に完封、完投、勝ち投手・・・などとスケールダウンはしていくが、高い目標を毎回設定しているはずである。

私は昨年から、ゴルフに手を出したが、そうそう安月給ではコースを回れない。
挑戦する機会がそうそうないのだ。
マラソンなら・・・
とは思うが、この体重に耐えられるだけの膝、足首、踵、腰は持ち合わせていないと思う。(おまけに根性も)
それでも、自己ベストタイムを短縮する目標に、そして完走する達成感、ランナーズハイと呼ばれる現象をぜひとも味わってみたいという欲望がある。

そしてもうひとつ。
なぜ走るのか、理由すら判らないのに走り続ける人が多いという点に、何故かしら魅力を感じている。
村上春樹はこう語る。
  自分が走っているときに何かを考えていたのか、ろくすっぽ思い出せない。(略) 
  無心なのかというと、そうでもない。走っている間は、いろんなことを考える。
  取るに足らないことばかりで、走り終わると忘れるようなことばかり。
  邪心を払うとでもいうか、「何も考えていない」空白の状態に自分をもっていく、
  そのために走るのかもしれない。

僕の中学校では、毎月3Kmという距離だが「月例マラソン」というものがあった。
通称「月マラ」である。(笑
私を含めほとんどの生徒にとって、嫌な行事だったというのは間違いない。
中学生が走っている間に考えることといったら
  「歩こうかな。でもあの電柱まで、こらえるぞ。」
  「うわっ、近所のオバちゃんだ。」
  「Sの背中のゼッケンの糸がほつれてる」
  「あの肉屋のメンチ食いてぇ~」
なんて具合に、取るに足らない事ばっかりだった気がする。
何も考えていない「空白」や「無」になるなんて本当に無理な話で、邪心と会話しながら走っていたのである。

今なら、どうなんだろう?
「空白」や「無」を目指して走れるのだろうか。
でも、それらを意識した時点で「無」では無い訳だ。
しかし日常生活では無理な事も、非日常的な長距離を走るという行為で、味わうことができるかもしれない。
そんな可能性が、走ることにはあるような気がする。

数年後の東京マラソンかホノルルへ、まってろ世界!

ワンクリックで救えるブロガーがいる!?→人気blogランキングへ
by sendai-saiwai | 2008-02-17 23:59 | 南光台・黒松・旭ヶ丘 | Trackback(4) | Comments(5)